計算上手は、生きかた上手

大人になったあとに学生時代の勉強が役に立ったことはあまりないかもしれませんが、算数だけは別のようです。いくら学校の成績が悪かった方でも消費者金融で借り入れ行なう際はしっかりと金利計算を行いましょう。借り入れをする前には必ず審査が行われるので、貸す側が職業や年収などを見て、返済能力の有無をチェックします。

借り入れを行なえたということは、返済能力が「ある」とみなされた証拠でもあるのですが、お金を借りられたからといって安心してはいけません。金利計算もして月々の返済額を把握してなければ、借金はどんどん膨らんでいくことになります。

また借り入れ先も重要です。名前の通っている金融機関であればよいのですが、規模の小さい中小企業の消費者金融は借り入れ前に注意が必要です。名前が通っていないことをいいことに、中小企業の消費者金融に紛れて、いわゆる「ヤミ金業者」が潜んでいる可能性もあるので、金利の計算は必ず行い、金融機関を上手に利用しましょう。

 

おまとめローンの勧誘

銀行融資は、住宅購入や車/バイク、教育ローンなどさまざまです。
しかし、最近ではポジティブなものだけではなく、通称おまとめローンと呼ばれる、借金一本化を売りにした、多重債務者にとっては究極のローンが出ています。

借金が一つにまとめられて、月々の返済額も減少、繰り上げ返済もATMから簡単になど利便性など含め甘い言葉で勧誘してくるのです。
確かに、良い面だけ見ればプラスしかないかもしれませんが、そんなことはありません。実際に借金で重要なことは、利息がどれだけ少なくなるかが重要です。
簡単に利息を式で表すと下記の通りです。

・利息=借入額×金利×借入期間

おまとめローンで見落としがちなのが「借入期間」です。金利が半分になっても、借入期間が倍になったらどうでしょう。簡単なことですよね。
ここで、おまとめローンを利用する際に事前に確認するポイントをお伝えします。

・各借入の金利
・各借入の残りの返済期間
・毎月の現在の支払いが厳しいか

この3点を確認しましょう。

最後の項目が、あてはまる人は、まず、月々の返済総額を押さえることが重要です。
そのためには少しでも金利を押さえ、支払い期間を多少伸ばしても、現状より、総額が増えない様に調整しましょう。

 

貸金業法の改正について

貸金業法の旧称は貸金業の規制等に関する法律であり、略称として貸金業法という名称が使われていました。貸金業の規制等に関する法律が改正され、改正法が平成22年6月に施行されて、正式な法律名が貸金業法になりました。

貸金業法の改正の目的は多重債務の問題の解決と安心して利用できる貸金市場の構築です。グレーゾーン金利が撤廃されて出資法の上限金利が引き下げられました。また貸金業への参入の厳格化がされたので簡単に新しい業者が参入できなくなりました。

そして何と言っても総量規制の導入が大きなポイントだと思います。総量規制とは個人の借入総額が年収の3分の1までに制限される仕組みです。不動産購入のための貸付、自動車購入のための貸付、高額療養費の貸付などは除外となっていて、緊急の医療費の貸付や個人事業者に対する貸付などは例外となっています。また闇金に対する罰則が強化されたので、廃業する闇金も増えたのではないでしょうか。

 

安心して便利に利用できるプロミスのキャッシング

プロミスは長年消費者金融のトップ企業として営業している実績がありますので知名度が高いこともあってとても安心して利用できるキャッシングです。キャッシングというのは要するに借金 をするということですので、利用する会社がちゃんとした優良企業なのかというところはとても重要なポイントです。

プロミスは貸金業者ですので銀行融資とは異なりますが、現在は日本を代表する大手銀行の提携企業となっていますので、突然倒産したりだとか、ルールを守らない不適切な取り立てをしたりといった心配はありません。

また審査手続きについても利便性が高く、融資までのスピードも優秀です。本人に安定収入があれば申し込みができますので、アルバイトや派遣社員の人でも利用可能ですし、運転免許証や健康保険証などの身分証明書と直近の給与明細があれば申し込みできますので手続きがしやすいサービスです。

プロミス:土日の即日審査 | 在籍確認や金利計算もと言われるように、休みでも審査が可能です。スマートフォンを持っている人ならばプロミスのアプリを使うことでさらに手続きがやりやすくなりますのでぜひ活用しましょう。

 

法外や1万円未満などの基準で比較

業績目標などの都合で、サラ金が活用されるケースは意外と多いです。サラ金は、総量規制対象外ではありません。あくまでも30%に限定される事になりますが、それでも助かる事例も多いですから、よく活用されています。

ところで賃金業者を利用する前段階で、確認をしておくべき点が2つあります。まず何より大切なのが、法外か否かです。ややネガティブな話ですが、賃金業者によっては手数料が高すぎる事例も確かにあります。もちろんそういった所では、それなりに困った事態になる確率も高いでしょう。

しかし妥当な手数料水準の業者も、沢山あります。各社の手数料などは、よく比較する事が大切でしょう。一般的に20%以内ならば、総じて無難です。それと毎月の返済金額です。1万円未満で返していける商品か否かも、実は1つの基準になります。あまり返済額が大きければ、それだけ毎月負担も拡大するからです。

もちろんそれも各会社によって違いがありますから、比較サイトなどで比べると良いでしょう。

 

お金を借りる方法を工夫する

お金を借りる場合、金融機関や金融会社が提供している融資サービスを使うのが便利であり、多くの人々が活用しています。キャッシュカードを持っている場合には、銀行のカードローンを契約すれば、融資や返済を所有している口座ででき、一箇所の銀行だけで全ての手続きを完了させられますので利便性が高いです。

女優の永作博美さんがCMに出演していて広く知られるアコムなどの消費者金融会社でも融資を受ける事ができ、キャッシングという形で融資を受けられます。銀行のカードローン、消費者金融会社のキャッシングの利用条件は、満20歳以上満70歳以下という年齢、一定の収入を得ている事といったものがあります。

これらを満たしていない場合、書類を提出して申し込みをしても審査を通過出来ない事が多々あります。利息の違いに注目する事で、安く借入れが出来るようになり、返済総額を最小限に抑えられます。借入れ出来る額は、審査で決まった限度額までであり、限度額までであれば、何回でも借りられたり、一度にその額を借りるといった事も出来ますので、工夫をして使っていくと役立ちます。

 

ペニシリンなどで活用される債権回収のサービス

東北地方を含めて、日本全国で様々なプロジェクトが行われています。韓国なども同様です。実施されるプロジェクトの名称も色々あります。ペニシリンなど、それこそ多彩なのです。ところで何かが実施された時には、大抵は債権に関するやり取りがあります。イベントが行われる以上は、少なくともお金の動きが発生している事だけは間違いありません。それもかなり大きなお金が動く傾向があります。

それで問題は、資金回収に関する事柄です。必ずしも回収できるとは限らない訳です。イベントを実施した迄は良いですが、肝心の報酬が支払われない事で、困ってしまう事例もたまにあります。そういった時には、回収などの専門会社に相談をしてみると良いでしょう。自社だけでは回収が難しくても、専門会社がサポートしてくれるケースは大変多いからです。

何よりも回収は、時間がかかります。それを短縮化してくれる回収会社は、やはり非常にメリットは大きいでしょう。たとえ費用が生じたとしても、特に問題無いと考える企業も多く見られます。

 

多額の借り入れをする時は銀行のカードローンの方が向いている

今すぐお金が必要ですぐ借りたいという時は即日融資を受ける事が出来る消費者金融を利用する事が多いですが、金利が高く設定されていて総量規制の対象にもなっているので多額の借り入れを希望する時はあまり向いていません。多額の借り入れを希望する場合は金利が低く設定されていて総量規制の対象外になっている銀行のカードローンの方が向いています。

銀行のカードローンは金利が低く設定されているので審査が厳しめで契約完了するまで数日かかってしまうと言われています。しかし大手の銀行で店舗内に契約機が設置されていて審査も即日回答になっているところもあります。審査が即日回答だと契約完了までもそれほど時間がかからないので昼間に申し込んで夕方ごろに融資を受ける事も可能です。

銀行のカードローンは金利が低く設定されていますが、中には消費者金融と同じぐらいの設定になっている場合もあります。そのため申し込む前に適用される事が多い上限金利は必ず確認するようにしましょう。

 

求償に関して賃金業のサイトで確認

賃金業には、必ず締め切りという制度があります。期日までに返す事自体が、とても大切になる訳です。基本的に締め切りは、借りた日付けで起算される事になります。それで所定の日数以内に、返す必要がある訳です。返す事が難しかった場合は、様々な措置が講じられる事になります。その点だけは、しっかり理解しておく方が良いでしょう。いわゆる求償と呼ばれる手続きが発生する事になります。

テレビ番組などで、たまに取り立てに関するシーンが紹介される事はあるでしょう。そこまで大げさなレベルではなくても、少なくとも電話は行く事になります。最初の内はソフト口調ですが、状況がエスカレートすると、非常に面倒になる場合があります。時にはそれで法的手続きが必要になる事もありますから、やはり遅れない事が大切です。

ちなみに返済に関する事柄は、大抵は賃金業の公式サイトに記載されています。借りるルールはかなり細かく書かれているすから、具体的な締切日なども含めて、事前確認を行うと良いでしょう。

 

弁護士による公益活動

公益活動を行っている団体というのは色々あり、その活動をサポートしたり、活動の拠点となるようなセンターも存在しています。例えば、税理士による公益活動サポートセンターや市民公益活動サポートセンターなどが挙げられるのですが、弁護士の世界ではこの公益活動が義務化されているのです。

東京弁護士会では2004年に公益活動等の義務化を定めた会規が施行され、制度の運用が始まっています。制度開始半年後には、義務化に伴って、国選弁護士や当番弁護士や法律相談の登録者が増えたという成果も表れているといいます。この制度にはもちろん免除対象者というものも定められていて、例えば病気や出産、あるいは留学や海外勤務などの理由がある場合は、申請により免除されることになっています。

たくさんの法律事務所が存在しますが、ホームページのサイトマップを見てみると、公益活動という文字が目に入るでしょう。どの法律事務所でどのような公益活動を行っているのかがわかります。何らかの理由で法律事務所を選ぶ必要が出た場合、この公益活動への取組みを目安にしてみてもよいかもしれません。

 

質屋というのはいくらでも

質屋というのは今ではかなり少なくなっていますが要するに中古品を買い取る商売として根付いていることは確かです。ブランド物を扱うところが多くなっており、はっきりいって、調度品などを扱うところは殆どなくなっています。そうしたところはリサイクルショップのようなところです。

システム的にはほぼ同じといっても過言ではないのですが質屋は債権なども扱うことがあります。また、家財を処分するときなどに利用することもあるでしょう。例えばいざ上京するときに身の回りの品を買い取ってもらって処分する、ということが昔はよくありました。これはどんなところでもよくあったことです。

九州でも和歌山でも兵庫でもそうです。ちなみに質屋は許可証を交付されています。古物商という許可であり、警察が発行しており、それは入り口などに飾っていることが多いです。つまりは、わかりすやいところに飾っている、ということになります。これはしっかり確認しましょう。